どんな仕事にも得手・不得手というものが存在します。これは仕方がないことでありますし恥ずかしいこともありません。誰だって苦手なものは存在します。



<ピンクコンパニオンに向いてる人ってどんな人?>

人との関わりが好きな人というのが最低条件とも言えるでしょう。これがダメというのであればまず接客関係などもできないと思ってもいいでしょう。後はお酒を飲んだ男性の扱いが上手い人や話を聞くのが上手な人は向いていると言ってもいいでしょう。



<さらにこの能力を持っていれば確実に向いています>

その能力とは「おねだり」することです。ただおねだりするだけでは「何様だ!」ってなりますが相手の気分のいい時を見極めて「ここなら大丈夫!」と思った時に攻めれる人は向いているでしょう。もしこれができるならピンクコンパニオンもキャバクラなどにも非常に向いているといってもいいでしょう。


人との関わりが苦手だったり、話を聞くのが苦手なら向いてないでしょう。


ピンクコンパニオン&女体盛りなら桃色(ももいろ)